被災地からの引取りの犬達3匹が、新しい生活に入りました。
2011 / 05 / 23 ( Mon ) 04:24:51

自衛隊保護犬
被災地の自衛隊員から里親捜しをしてほしいと預かったワンちゃんです。
隊員の皆さんから餌をもらって可愛がられていた見たいです。
5~6才位です。オス。甘えん坊さんです。。
今回保護した犬達は、ほとんど全部がフィラリアに感染していました。
たぶん月1回の感染予防の薬を飲んでいなかったみたいです。
でも、1年中月1回の予防の薬を飲むことにより、成虫は駆除出来るとの事です。

被災地の犬
原発規制区域内の南相馬市から引き取った大型犬の犬です。
よほどお腹が空いていたのでしよう、餌を与えたらすぐに寄ってきて、あっという間に平らげたそうです。
保護できて良かったです。
仮名、たまゃんは体重は23㎏ありますが、とても穏やかな性格で散歩も大分慣れて来たそうです。

DSCF0122.jpg
ワンちゃんが上手に撮れなかったのですが、柴犬のミックスとパピヨンのミックスを保護しています。
柴犬のミックスは、お試し飼育に入っています。

こんな状況も会ったそうです。
ボーダーコーリが20頭近く路上でウロウロしているので保護以来があり、保護団体が現場に行ってみるとボーダーではなくシェルティだったそうです。
ブリーダーさんとの話し合いで保護されたそうです。
コリー20匹保護
言葉の言えない動物が、訴えることも出来なくて一番かわいそうです。

まだまだ被災地では、新しい家族を求めている犬や猫たちが沢山います。
私たちも1頭づつ助けていくしかないのですが、
今の犬達の現状で、里親さんになって頂ければと思います。
フィラリアに感染している子もいますし、歳を取って白内障になっている子もいます。
毛が長く毛玉の出来ている子は、バリカンで綺麗に毛を刈って里親会に連れて行っています。
出来る事はしたいと思っていますが、
フィラリアの検査、ワクチン接種、トリーミング等、1頭保護するのに万単位かかります。
引き取る犬や猫達のほとんどが避妊手術をしていません。避妊手術は全身麻酔で実施しますので、体が衰弱していたり、フィラリアを持っていたりすると体に負担がかかります。手術後死ぬ事もあります。
里親さんが見つかり、新しい生活にも慣れたらお互いに連絡を取り合って手術をしていただく様になると思います。


これまでにも、皆様から心温まるご支援をいただいています。
これらは、全部被災地から引き上げた犬猫たちの為に使わせていただきます。
連れて来たときはめまぐるしく変わる環境から元気もなく、臆病な性格の子は唸っている子もいましたが、やっと落ちつきました。
この次の里親会は、28日土曜日11時から3時まで高尾霊園ペット供養塔前で開催します。
22日の南大沢ヨーカドー前の里親会は、急な雷雨で1時間ほどで中止させて頂きました。
もし、犬や猫を見に来た方がいらしたらすみませんでした。
次回も、被災地からの引き上げた犬猫たちも参加します。
宜しくお願い致します。








里親会場 CM:1 admin page top↑
<<今日28日は、高尾霊園ペット供養塔前で里親会を開催します。 * HOME * 次回の犬猫里親会は、南大沢駅前5月22日(日)になります。>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
  又、1週間位入院します。

私事ですいませんが、くまママは又、1週間位入院します、
被災地の犬や猫たちの里親捜しの忙しい最中、、メンバーの皆様にはご迷惑をおかけします。
我が家でお留守番している猫達の為にも早く退院してきたいと思っています。
この次の里親会は28日土曜日高尾霊園ペット供養塔の前で実施します。
天気が晴れればいいのですが、被災地からの引き上げの犬や猫達も参加します。
温かいご支援、いつも感謝しています。

by: くまママ * 2011/05/25 03:00 * URL [ *編集] * page top↑
* HOME *